入社から現在まで

シムックスには2016年に新卒社員として入社しました。大学は富山県だったのですが、地元就職をしようと群馬県で就活を行っていました。
入社後は埼玉県のさいたま営業所で施設警備業務を担当。2018年に指令になり、2020年にさいたま営業所の所長となり、現在に至っております。

「営業所所長」として

所長職は、指令職とは大きく異なり、与えられた仕事をこなすのでなく、業務の全てを自らの責任の下に行います。
さいたま営業所では私と指令2名の計3名で相談しながら日々の業務を行っています。人を纏めたり、モチベーションを上げたりということが苦にならないのは、小さい頃から続けてきた部活動のおかげかもしれませんね。
自由もありますが責任を求められる役職なので、マニュアル通りではなく全てを理解した上で、自分の言葉で話すように心がけています。
おかげさまで隊長職も少しずつ生まれ、努力が実り始めているという達成感を少しずつ感じています。
至らない点も多々あるかもしれませんが、さいたま営業所のみんな、更には他の営業所の方々など、多くの方からお声がけいただいたり励まされたりしながら、やりがいを持って日々を過ごせていますね。

自分次第でやりたいことができる

シムックスの魅力

私が隊員・指令として勤務する間にも数人の所長が着任しましたが、どの方も明るく、温かい雰囲気に溢れた方ばかりでした。
「いつか私もこんな所長になりたい」。指令として内勤業務が増えてからは、積極的に所長に同行させていただき、提案資料のつくり方、話し方、お客様に対する態度など、ありとあらゆる状況を学ばせていただいていました。
どの所長もしっかりとサポートしてくれ、今の自分があるのは、所長を始めとしたシムックスという環境のおかげだと思います。
自分の意見をしっかりと発言すれば、会社も無下にせずしっかりと誠意を持って聞いてくれます。「シムックスは人を育む企業」そういう社風が根付いているのだと思います。

キャリアアップのために

目の前に来たチャンスを絶対に掴む。
シムックスでは、入社1年目から国家資格取得や役職に就くことができる可能性があります。
ただ、チャンスは誰にでも平等にあるものではなく、努力して周囲にも評価されてこそ、回ってくるものなのだと感じました。
「所長にならないか?」というお話をいただいた際にも、躊躇うことなく「是非お願いします」と応えました。周囲からは心配もされましたが、自分自身、いつチャンスが来ても良いように準備をしてきたつもりでした。不安が無かったというと嘘になってしまうかもしれませんが、元来の負けず嫌いの性格で頑張っています。
新入社員研修の時は、不安そうだった同期も、久しぶりに会うと見違える様になっていて、ますます自分も負けていられないと思います。
社会人になることに不安な方が多数だと思いますが、ぜひ思い切って飛び込んできて欲しいですね。