社員教育研修

シムックスでは、社内での研修や入社後のバックアップなど、教育体制が充実している点が魅力です。
それは、「警備業は、教育に始まり教育に終わる教育産業である」という創業者の考えのもと、人材の育成に力を入れているからです。

新入社員のみ対象のものは、新入社員研修・フォローアップ研修・メンター制度の3つが該当します。
様々な業務の中で必要とされるスキルを現場でのOJTだけでなく、各種研修でも伝えていくことで社員の更なる成長を促していきます。

新入社員研修

学生から社会人への意識の転換を図りながら、シムックスの社員として最低限身につけておきたい自社の概況、社会人として求められるスキルやビジネスマナー、警備業に関する基本的知識・技術などについて学習します。合宿形式で行うため、主体性とチームワークにも繋がります。

フォローアップ研修

新入社員のフォローアップ期間である3年の間に行う研修で、入社3年目まで、年間3回に渡り本研修を実施します。新入社員研修や、その後のOJTにおいて学んだ内容の復習や振り返りが研修の中心となり、「仕事の基本」「報告・連絡・相談」「チームワークの基本」「後輩社員を迎える自身の立場の自覚と職場における役割」などを学びます。

メンター制度

入社1年目の新入社員が入社2年目以降の先輩社員とペアを組み、先輩社員が新入社員をサポートする制度。新入社員にはいち早く職場環境に慣れて力を発揮してもらうために、目標を立てながら仕事をしていただきます。先輩社員は職場の身近な相談相手として、新入社員のフォローや必要に応じてアドバイスをしていただき、後輩の育成をしていただきます。

各専門知識研修

自身のキャリア形成のための能力開発に積極的に取り組んでいただくための研修を用意しています。各部署においては、OJTの一環として勉強会への参加、各種資格取得支援などがあります。

等級別研修

人事制度によって社員全員に与えられる等級をもとに、等級ごとに求められる知識・習熟・能力・態度を養います。社内での研修のほか、外部講師をお招きしての研修、通学型講座の受講といった形式で行われます。

役職別研修

管理職として役職ごとに必要なマネジメントの知識、スキル、および現場における実践力を習得します。リーダーとしての「現場の問題解決」「部下の指導・育成」「生き生きとした職場づくり」等について体系的に理論づけて学びます。

キャリアステップ

現場のスタッフから幹部層まで一貫した「人事教育制度」によるキャリアステップを用意しています。知識や能力をつけることで上げることができる「等級」、社内での実績や意欲によって任せられる「役職」、その両方でできることや待遇を上げていくことができます。「等級」も「役職」も教育研修が用意されているので、安心してキャリアアップを目指すことができます。

  • 若手層
    7 〜 5等級
    隊員・現場隊長・
    統括隊長
    18 〜 28歳
  • 中堅層
    4 〜 3等級
    指令・所課長
    25 〜 40歳
  • 幹部層
    2 〜 1等級
    部支社長
    35 〜 45歳
  • 経営層
    執行役員
    45歳 〜